自動車保険 見直し 安く

自動車保険の見直しで保険料を安くする方法

自動車保険 見直し

自動車保険 相場 見直し

自動車保険 費用 見直し

自動車保険 価格 見直し

 

自動車保険の更新の時に、毎年自動車保険を比較していますか?
実は保険の内容はずっと同じではなく、今までなかった新しい保険も登場します。
たとえば40歳からの自動車保険や20等級でもさらに保険料が安くなる無事故割引などは、以前は無かった自動車保険です。

 

ですから、面倒だからと保険の比較検討をせずに更新を継続するのは勿体ないです。
契約を更新する前に、毎年見積もりを取って検討しましょう。

 

でもいちいち自動車保険会社を調べて連絡してその都度見積もりを取るというのは面倒かつ非効率です。

 

今は自動車保険一括見積もりもありますので、賢く活用して相場や最安値の保険会社を見つけてみませんか?

 

自動車保険 補償 見直し

 

自動車任意保険の補償の呼び方

 

自動車任意保険には専門的な用語がたくさんあるので、理解するのが大変です。
でも実は大きく分けると4つの補償に分けられているのです。

 

事故の相手に対するもの、自分に対するもの、身体に対するもの、車などに対するもの。
これらの組み合わせで補償の呼び方が違うのでややこしいですが、この4つだけは最低覚えておきましょう。

 

自動車保険 補償

 

そしてこれらの補償にはどのくらいの保険金(事故の時に保険会社から出るお金)が出るように設定するかによって、年間の保険料(自分が保険会社に支払うお金)が変わってくるのです。
ではどのくらいあれば安心なのでしょうか?

 

自動車保険 補償

 

対人・対物補償は事故相手に支払われる保険金を補償するものなので、無制限で加入しましょう。
もし万が一、相手を死亡させてしまったら1億円以上の賠償金を負うケースもありますのでご注意ください。

 

そして人身傷害や搭乗者傷害は自分に対する補償なので加入しないという人もいますが、事故相手が無保険のケースもありますので最低限のものでも加入しておくと安心です。余裕があればもう少しかけておいてもいいかもしれませんね。

 

そして問題なのが自分の車の修理代になる車両保険です。
何が問題かと言いますと、@車両保険をつけると保険料が大幅にアップするという点とA車両保険で補償されるのは車の時価までという点です。
時価30万円の車では最大で30万円しか補償されないのです。
ですからもし車が古くて買い替えを検討しているという方は、車両保険に加入しないケースも多いようです。

 

自動車保険に見積もりを取る前に、補償内容も見直ししておきましょう。

 

 

 

自動車保険の保険料を決める条件

 

自動車保険保険料

 

自動車保険の保険料は、さまざまな要素で決まっているので自分と同じ条件の人を見つけるのは難しいです。
車種・年齢・走行距離・使用目的・等級・免許の色など本当にいろいろな条件で変わります。

 

さらには補償の内容や金額、特約の有無によっても保険料は大幅にかわるのです。
ですから全く同じ条件の人を探し出して自動車保険の保険料がいくらになるか調べることはまず不可能です。

 

自分の保険料の相場を知りたいなら、複数の保険会社に見積もりを依頼するしか方法がありません。
今は一括見積もりがあるので、何度も保険会社に電話したり、説明したりする必要がなくなりました。
便利なので賢く活用してくださいね。

 

もし今加入している保険会社よりも保険料が安いところがあれば、等級を引き継ぐことができますので乗り換えることが可能です。
補償内容が同じなら、保険料がお得なほうが嬉しいですね。

 

 

自動車保険でいう使用目的とは?

 

車の使用目的

 

自動車保険には使用目的によって保険料が変わる仕組みになっていますが、使用目的とは何でしょう?

 

車に乗るのが家庭用なのか、業務用なのかよっても保険料が変わります。
会社までの通勤で車を使用していても業務に使わない場合は「家庭用」に分類されます。

 

では業務用の条件とは何でしょうか。

 

業務用とは、@主に仕事に使用する車であること、A週5日以上か月15日以上、仕事に車を使っていること、B車体に会社の名前が施されていること、C記入被保険者が法人であることです。

 

 

家庭用の条件には@通勤や通学に使う場合とAレジャー目的とに分かれます。
毎日使うのか、たまにしか乗らないのかによって保険料が違うのは、当然と言えば当然ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌での外壁塗装相場 浜松の外壁塗装 2台目の自動車保険の選び方